もうひとつのギャラガ(家庭用移植版の紹介 その1)
Galaga Parallel World

(c) namco 1981 ALL RIGHTS RESERVED

 

家庭用その2 / 家庭用その3 / 続編 / 海賊版  /  3D版  / その他(未確認情報) / HOME


家庭用その1CONSUMER  part1

MSX版
キャラクターの色が単色になっています(ハードの制約上、仕方ないが)。動きもちょっとトロイですが、敵の動きやステージ構成はアーケード版と同様で、かなり遊べる仕上がりになっています。

 

 

SEGA SG-1000版(セガギャラガ)
タイトルは「セガギャラガ」。見た目はMSX版と似ているが、プレイしてみると敵のアルゴリズムも違う!音もイマイチで、何といってもチャレンジングステージが無い!!難易度は最初の方は簡単ですが、後半になるとギャプラス並みのスピードで敵が攻撃してきます

 

 

ファミコン(NES)版
グラフィック・サウンド・動き等、全ての出来はスバラシイです!中古の価格は今でも\1500〜\3000くらいします。またディスクシステム版も発売されており、ロム版との違いはタイトル画面の年代表記の箇所が「1985」から「1990」になっています。また、キャラクターを変えたHack版も存在するようです(情報提供:「zo」さん)。

 

 

PC-9801版
さすが?16ビット版だけあり、グラフィックや動きはすばらしいです!ただサウンドがビープ音(今の人は知らないだろうなぁ)のみで、かなりチープです。それでも当時は感動しました。


 

 

X1版
キャラクターの大きさがやや小さいですが、サウンドや動きはなかなか!特にサウンドはエコーかかりまくりで感動したものです!「X1を買って良かった!」と思わせる逸品です。ジョイスティックは必需品です!

 

 

 

MZ-1500版
ほぼX1版と同じ内容です(ハード構成が似てたのでしょう)。おそらく開発者も同じなのでは?と思われます。このMZ-1500版は、6重和音をフルに使ったサウンドをステレオで奏でています。(情報提供:「AKD」さん)

 

 

MZ-2500版
シャープの8BITパソコンMZ-2500(愛称:スーパーMZ)のギャラガです。移植はおなじみの電波新聞社で、コレもX1版と同じ内容です。背景の星は2重スクロールし、サウンドに深みがありナカナカです。

 

 

MZ-700版 (GALAO)
シャープの8BITパソコンMZ-700のギャラガもどきゲームです。MZ-700+PCGでキャラクターを表現しています。自機のショットは最初から2連装です(ムーンクレスタ(日本物産)の2号機っぽいです)。その為?デュアルファイターになれません。スピード感もあり動きは良いです。

 

 

 

FM-7版
グラフィックやサウンドはいいのですが、動きがかなり粗いです。操作性はテンキーの[4][6]キーで移動しっぱなし!![5]で停止、という動作でした(FM-7というマシンはキーの同時入力が[Break]以外はできないので他のゲームもそうだった!)。その為、ジョイスティックは必需品です!他にFM-7では「スフィンクス」というギャラガもどきゲームがあったらしいです。

 

 

日立ベーシックマスターレベル3マークV/MB−S1版(同人ソフト)
その昔日立から発売された8bitパソコン「ベーシックマスターレベル3マークV」(NECのPC-88の対抗機)で、同人ソフトとして作られたようです。ゲーム画面は全てイメージジェネレータ(俗に言うPCG)という機能で表現されており、動きがぎこちなかったらしいです。その後マークVの後継機の「MB−S1」というパソコンにも移植されたらしいです。

 

 

Commodore64版(Zalaga)
海外のパソコン、Commodore64用のギャラガもどきです。敵の動きは荒いですが、グラフィックは良く、操作性も良いです。(チャレンジングステージやネーミングもあります)。特徴としては、自機の弾は3連射が可能でバリバリ打てます。また敵トラクタービームに引っかかった瞬間にデュアルファイターになれます。

他のコモドール64用のギャラガもどきゲーには「GALAGA」というそのままの名前の物もあり、こちらは少々さびしい画面になっています。ライセンス版かどうかは不明。一応、連射ができ敵も編隊を組んで登場し、チャレンジングステージもありますが、まったく別ゲームの印象を受けます。海外移植版特有のクセがあります。また、カラーバージョンも存在します(情報提供:「あでゅとみぃ」さん)

 

 

ATARI7800版
海外のゲームマシン、ATARI7800向けに作成されたギャラガです。コレも海外移植版特有のクセがあり、敵の動きのアルゴリズムが違います。またグラフィックもハードの性能上、粗くなっています。それ以外は、連射ができ、敵は編隊を組んで登場し、チャレンジングステージもあり、デュアルファイターになれる 等、原作に近づける努力をしているようです。

 

 

MS-DOS版 (Galagon)
MS-DOS Ver3.1以降のDOS/Vマシンで動作するギャラガのコピー品です(シェアウェアみたいですが、製造元は海外ソフトハウスで既に廃業しているそうです)。グラフィック・サウンド・動きともすばらしい出来です!敵のアルゴリズムもオリジナルとほぼ同じで、完成度はかなり高いです。Windows XPのコマンドプロンプトでも動作しましたが、ゲームを終了するとフリーズしました。また他にMS-DOSではオーストラリアのソフトハウスが作った「GALAGA'94」というモノもあったようです(情報提供「MacLR」さん)。

 

 

Tandy TRS-80 CoCo版 (Galagon)
海外のパソコンTandy TRS-80で動作するギャラガもどきゲームです。ハードの特性上、色数が4色しかありませんでした。

 

 

Sinclair Spectrum版 (Halaga)
海外のパソコンSinclair Spectrumで動作するギャラガもどきゲームです。敵の攻撃が激しく、デュアルファイターになれないので難しいです。

 

 

BBC Micro版 (Zalaga)
イギリスのパソコン BBC Microで動作するギャラガもどきゲームです。 内容はコモドール64版の「Zalaga」に近い内容です。

 

 

ソードM5・タカラゲームパソコンM5版(Galax)
ソードのM5というパソコン(タカラもOEM販売しました)のギャラガです(タイトルは「ギャラックス」になったが)。操作感覚は良好ですが、デュアルファイターになれば、ほぼ無敵状態に近い破壊力になる為に難易度は低いです。また、チャレンジングステージもありません。そのせいでタイトルも変わったのかな?。またM5のハード構成はMSXと似ている為、画面の雰囲気もMSXに似ています。余談だがソードは後に東芝の傘下になったらしい。
このゲーム、114面以降敵が出なくなるバグがあるバージョンと修正されたバージョンがあるらしいです。

 

 

CASIO PV-2000(楽がき)版
1982年頃にカシオより発売された低価格パソコン(というよりパソコン風ゲーム機?)の「PV-2000(通称:楽がき)」用のギャラガです。 内容は、ソードM5版の「ギャラックス」とほとんど同じです。 ゆえに難易度は低く、チャレンジングステージもありません。

 

 

ColecoVision版
海外PCのColecoVision版です。MSX版と同じ内容です。 ColecoVisionのハード構成はMSXと似ています。

 

 

Apple Macintosh版(GALAU, GALAU2)
APPLE社のmac OS9(Xでない)で動作するギャラガの海賊版です。
元祖ギャラガと違うのは、(1)最上階に分裂ザコがいる。(2)スコア表示が右にある。といった箇所が異なります。 開発者は、FALCONというところらしいです。
(情報・写真提供頂きました。ありがとうございました!)

また、このGALAUというクローン、「2」も存在しておりこちらはカラーになってたり3機合体ができるようです。(自称:「FALCONのオリジナルゲーム」らしいです)

(情報・写真提供頂きました。ありがとうございました!)

 

 

X68000版(famicom emulator)
シャープの16bitパソコンX68000にもギャラガが存在した!が、内容はファミコン版のギャラガです。X68000上でファミコン版ギャラガをエミュレートしているようです。他にX68000ではギャラガ’88も存在しますが、こちらはX68000向けに移植したものです(情報提供:「zo」さん)。

 

 

Javaアプレット版(Smile)
とある海外サイトでブラウザ上でプレイできるギャラガもどきゲームです。内容はギャラガのアレンジ版といった感じです。面クリアするごとにパワーアップアイテムがゲットでき、2連装になったり、自機にバリアが装備されます。操作性も良好で、ゲームとしての出来もなかなかです。また他にJava版では日本の人が作成した本物ソックリの素晴しいモノがあるのですが、製作者の意向であまり公表したくないらしいです

 

 

Javaアプレット版(ONE)
上記のものとは別のサイトでブラウザ上でプレイできるギャラガで、内容はファミコン版ギャラガをエミュレートしたものです。(情報提供:「zo」さん)。

 

 

Javaアプレット版(CottAGE)
とあるサイトでブラウザ上でプレイできるギャラガで、内容はアーケード版ギャラガをエミュレートしたものです。おそらくベースは、MAMEだと思われます。

 

 

Javaアプレット版(GALAXA)
またまた別のサイトでブラウザ上でプレイできるギャラガで、アーケード版ギャラガのグラフィックとサウンドをゴージャスにしたアレンジ版ギャラガです。グラフィックパターンが多くリアルで、パワーアップも広範囲レーザーやマシンガン等あり、かなり楽しめます。

 

 

FLASH版(Galagon2004)
とあるサイトのブラウザ上でプレイできるFLASHのギャラガです。サウンドはオリジナルと同じですが、敵の攻撃が激しく、また動きも早いので難しいです。操作感覚は良好で楽しめるデキです。

 

 

ONLINE対戦版(GALAGA ONLINE)
韓国のEOLITH社のWagameサイトでプレイできる、オンライン対戦型のギャラガです(1人プレイもできますが)。対戦プレイのゲーム内容は、先に8面クリアするか相手をゲームオーバーにするかで勝敗を決め、パワーアップアイテムや相手妨害アイテムもあり、面白そうな内容です。

 

 

Philips CD-I版(Arcade Classics for CDI)
かつて、ソニーとPhilips社が共同で提案したCD-ROM規格の「CD-I」用のギャラガです。ギャラガの他にはミスパックマンとギャラクシアン同時収録されていたようです。
 

 

BeOS, ZETA版(Xgalaga)
BeOS  ZETA版のギャラガもどきゲームです。詳細は不明です。

 

 

OS/2版(Xgalaga)
OS/2版のギャラガもどきゲームです。詳細は不明です。

 

 

777タウン.net版
パチスロ・パチンコのオンラインホール 777タウン.net で遊べるギャラガです。 ゲーム内容はアーケードとほぼ同じでおそらくエミュだと思われます。 遊ぶにはアプリのダウンロードとゲーム内で使用する通貨の購入が必要です。

 

 

PCエンジン版(ギャラガ’88)
NECのゲームマシン、PCエンジン版です。アーケード版の’88を移植しています。グラフィック・サウンド・操作性とも素晴らしいです!(特にサウンド)。アーケード版ではパっとしなかった印象を受ける作品でしたが、このPCエンジン版はハード初期の作品だった事もあり、かなり注目され、しかもアーケード以上の出来でした。PCエンジン初期の名作です。海外PCエンジン版は、タイトルがギャラガ’90になっています。

 

 

メガドライブ(GENESIS)版(ハック物)
海外版メガドライブ「ジェネシス」向けに作成されたハック物(非ライセンス)のギャラガです(製作者不明)。見た目は良いのですが、サウンドが敵の破壊音のみ!敵のアルゴリズムがオリジナルと違う(全キャラ動きが同じ)!ボスに耐久力なし!自機がデュアルファイターになれない(そのかわり3連射できるが)!他、結構違います。ひょっとしてまだ製作中のモノなのかな?

 

 

X Window(Linux)版(XGalaga)
X Window(Linux)用に作られたギャラガもどきゲームです。高解像ウィンドウで表示される敵キャラが小さい上に、デュアルファイターになれないので、なかなか敵が倒せません(私がヘタなだけか)。操作性は良好で、古き良き時代のパソコンゲームといった感じの出来です。

 

 

Amiga版 (Deluxe galaga)
ウゴウゴルーガのCGで有名な海外のパソコン、コモドールアミガ版のギャラガもどきゲームです。タイトルにデラックスと名が付くように、元祖ギャラガには無いフィーチャーが多数あり、各種パワーアップアイテムがあります(敵を味方にキャプチャーするビームや、自機の弾が2連装されるアイテム、スピードアップ他、多数)。敵の動きは高速でトリッキーで、ボスキャラやボーナスステージも存在します。ゲームの内容はギャラガといよりもギャプラスです。アミガでは他に「Galaga'92」というギャラガもどきゲームも存在します。

 

 

TI-92版(HyperGalaga92)
グラフ電卓のTI-92用のギャラガもどきゲームです。詳細は不明です。

(情報・写真提供:「ちびひな」さん。ありがとうございました!)

 

 

Windows 95/98版(NAMCO HISTORY Vol4)
Windows 95/98版です!内容は完璧!(サウンドがちょっとノイズ気味だが)。Windows XPでも動きました。オマケで壁紙やスクリーンセーバーやキャラクター図鑑他があります。このソフト(NAMCO HISTORY VOL4)現在は発売終了しています。また、海外のみ発売された3Dポリゴン版ギャラガ(タイトル「Galaga Destination Earth」)というものもあります。

 

 

Windows XP版(ULTRA2000 GALAGA)
Windows XP正式対応版のギャラガです!内容は完璧でサウンドもノイズ気味ではありません(どうやらNAMCO HISTORY VOL4のGALAGAとは違うプログラムのようです)。Media KiteよりULTRA2000シリーズで発売しました。また Direct X7以上をインストールすれば、Windows 95/98/Me/2000でも動作するらしいです。

 

 

Windows XP版(namco.ch for VAIO Game Center)
Windows XPで「VAIO Game Center」のサイトからダウンロードして期間限定でプレイできるギャラガです。ソニー製のVAIO以外のWindowsXPのPCでも遊べます。

 

 

Windows版(GALAGA2)
WindowsPCで動作するギャラガもどきゲームです。 とは言え似ているのはグラフィックだけで敵は編隊を最初から組んだ状態で現れ弾を撃って着ますが突進してくることは無く左右に動くだけです。自機もデュアルファイターになれません。ボスを倒すとパワーアップアイテムが出現しそれを取ると貫通弾に変わります。

 

 

Microsoft XNA 4.0版(Galaxia)
マイクロソフトのゲーム開発ツール「Microsoft XNA」(言語:C#)で作成されたギャラガもどきゲームです。見た目は敵数が多いギャラガという印象ですが、デュアルファイターになれない・敵は弾を撃つだけで飛行攻撃しない等、内容はかなり違います。 

 

 

コントローラ一体型ゲーム機(namco PLUG & PLAY 5GAMES MS.PAC-MAN)
アメリカのJAKKS Pacific社から発売された、ナムコゲームが5本内蔵されたコントローラー一体型のゲーム機です。 移植度は高く、敵のアルゴリズム・サウンド等、アーケードに近く良い出来です。 ただ操作性はもうひとつで、ジョイスティックがメチャ重く、さらにボタンが左側なので、操作しにくいです。 このゲーム機の補足ですが、直接テレビに接続し、単三電池4本で動作します。 またギャラガの他に収録されたゲームは「ゼビウス」「マッピー」「ミスパックマン」「ポールポジション」で、どれも移植度が高いです。

 

 

コントローラ一体型ゲーム機(Pac-man Connect & Play)
アメリカのJAKKS Pacific社から発売された、ナムコゲームが12本内蔵されたコントローラー一体型のゲーム機です。 ギャラガの移植度は高く、敵のアルゴリズム・サウンド等、アーケードそのままです。 操作性も4方向レバー + 大きなボタンで快適です。 ギャラガ以外にはパックマンやゼビウス等も収録されています (特にパックマンは256面の画面崩れモードが遊べます)

 

 

Facebook Instant Games版
ブラウザで、FacebookのニュースフィードとMessenger上で遊ぶことができるギャラガです。特徴としては点数やランクを仲間でシェアできます
ゲーム内容は完全移植ではなく、「自機は1機のみ(かつプレイ時間は120秒)」、「1面から分裂攻撃あり」、「チャレンジングステージなし」、「開始の編隊整列のパターンが毎回ランダム」、「自機の弾は常時強制発射」等ありますが、完全移植が当たり前のこのご時世では、個性的で良い印象を受けます。 

 

 

ここに紹介されていない機種や掲載されていないスクリーンショット等お持ちの方はメール下さい!!l
mail



BACK
/ HOME 

inserted by FC2 system