のお部屋

(C) TOAPLAN, TAITO 1987


究極タイガーは、1987年に東亜プランが開発した縦スクロールシューティングゲームです(発売はタイトー)。同社が85年に開発したタイガーヘリの続編で、細かく書き込まれたグラフィック、画面を覆いつくすフルパワー時の自機の弾、それに匹敵する敵弾の数、デカくて固い敵ボスキャラ、そして強力なボム等、以降の縦スクロールシューティングのスタンダードになりました。ここでは、その移植作を少し紹介します。


アーケード版
全てはコレから始まった!アーケード版です。この作品の少し前に発売された飛翔鮫をさらに遊びやすくした出来で、世間に縦シューティング = 東亜プランを認識させた名作です。雷電もバトルガレッガも、この作品が出なければ存在しなかったかも?

 

PCエンジン版
タイトーから発売。グラフィック・サウンド・操作性・動き、全ての出来が素晴らしい出来です。画面は横長になりキャラが大きいですが敵弾を遅くする等のバランス調整が絶妙で、PCエンジンの名作ソフトのひとつです!

 

ファミコン版
発売はCBSソニー。ファミコンではハード的に厳しいようで、全ての面で物足りないですが、努力のあとは見られます。また自機が無敵になるアイテム出現等、ファミコンだけのアレンジもあります。

 

メガドライブ版
トレコから発売。画面は横長でPCエンジン版を移植した印象を受けます。気になる点は敵弾が早すぎて避けられない事です(その他にもバランス調整がいまひとつ)。メガドライブ移植の他の東亜プランシューティングは、東亜プランが直々に移植したゲームが多かったので(どれもスゴイ出来)、個人的に究極タイガーも東亜プランに移植して欲しかった。

 

X68000版
金子製作所から発売。グラフィック・動き等、移植度は文句ナシ!電源投入後のメモリチェックや警告文までアレンジして再現されています。金子製作所は以前に飛翔鮫を移植しており、これがイマイチな出来だったので心配していましたが。

  

 

プレイステーション版
バンプレストより「東亜プランシューティングバトル1」という名前で発売。移植度は完璧で文句ナシ!究極タイガーのCGムービーも見れます。また前作のタイガーヘリと海外版のツインコブラも収録されています。「シューティングバトル2」も期待していましたが出ませんでしたね(TATSUJINやハレーズコメットが収録されるのが希望だったのですが)。

 

海外アーケード版「TWIN COBRA」
アーケード海外版です。国内版との最大の違いは2人同時プレイが可能です!1人プレイ専用では海外では難易度が高かったのかな?2人用に変更された関係で自機がやられてもその場面からゲームが再開します。また自機が一度に発射できる弾が少なくなったような気がします(スプライト数の関係か?)。プレステに移植されています。

 

コモドール64
海外の8bitパソコンの コモドール64版です。究極タイガーというよりもタイガーヘリや1942といった感じで、ボムが無く敵の動きや弾が早いです。BGMもアーケード版と異なります。

 

アーケード版「究極タイガーII」
恐らく最後の続編です。発売当時、既に東亜プランは倒産していましたので製作はTAKUMIです(販売はタイトー)。ゲームの出来ですが、グラフィックデザイン・サウンド・ゲーム内容・バランスの全てが前作を下回っており、正直言って並の縦シューティングゲームです。究極タイガーの名前を使う以上、もう少し完成度を高めて欲しかったです。個人的には東亜プランの開発スタッフが移籍したCAVEに製作して欲しかったです。サターンに移植されています。

 


究極タイガーのお部屋

もどる

inserted by FC2 system