のお部屋

(C) CAPCOM 1991


ストリートファイターIIこと「ストII」は、カプコンから1991年に発売された対戦格闘ゲームです。細かい説明は不要なほど大ブレイクしした作品で、ゲーム界に大きな影響を与えた作品です。続編や移植作も大量に製作されました。ここでは「ストII」シリーズの移植作を少し紹介します。


アーケード版
元祖アーケード版です!CPシステムによる巨大キャラのなめらかな動きは当時衝撃的でした!バージョンアップ版で「ダッシュ」「ダッシュターボ」「スーパー」「X」も作成され、「ZERO」や「III」や「EX」といった続編や外伝も大量に製作されました。

 

スーパーファミコン版
最初のストIIの移植版で素晴しい出来です。キャラクタのグラフィックのパターンやピンチ時のBGM等は容量の関係でいくつか省略されたものの、それ以外はアーケード版をほとんどそのまま移植されていました。私はストIIを初めてプレイしたのはこのスーファミ版で、家で練習してゲーセンで実戦?していました。また「ターボ」と「スーパー」も移植されました。

 

PCエンジン版
「ダッシュ」の移植です。発売はNECですが、移植は本家カプコンです。グラフィックはさすがPCエンジンといった感じでキレイで、PSGによるサウンドも出来が良く、ボイスも良かったです。ただ、2ボタンのコントローラでは非常に操作しづらかったので、6ボタンパッド必須です!

 

メガドライブ版
ダッシュプラスというタイトルですが、「ターボ」モードもついてます。グラフィックも同時発色数では苦しいはずのメガドライブですが素晴しい出来になっています。ただサウンドのボイスがノイズ気味です。メガドラ内蔵のサンプリングを使用せずにFM音源でボイス出力しているようです(そのかわり2キャラ同時にボイス出力できているようですが)。基本的にスーファミ版「ターボ」を移植した内容になっています。他に「スーパー」も移植されています。

 

X68000版
「ダッシュ」の移植です。製作はカプコンで初の完全移植実現!他のマシンでは省略されたキャラクタパターンやピンチ時のBGM、ドラム缶のボーナスステージも完全に再現されています!ただフロッピー複数枚の構成になっており、ゲームを起動するまでがチョット面倒くさいです。他に「スーパー」も存在したようです。

  

 

コモドール64版
海外の8ビットパソコン、コモドール64用です。操作性・動きとも悪く、一度必殺技を出すと初代スト1のように連続で相手にヒットしるような荒さがあります。ハードの性能の割には頑張っていますがゲーム性は低いです。

 

コモドール アミーガ版
「ウゴウゴルーガ」でおなじみ?のパソコン、コモドール・アミガ版です。キーの反応が少し鈍くチョットつらいです。他に「スーパー」や「X」も存在したようです。

 

 

ファミコン版
東南アジアで作成されたハック物です(タイトルは「III」となっていますが)。グラフィックはファミコンにしては頑張っています。あと必殺技もいくつか削られています。操作性は良好で、波動拳は爽快です!

 

マスターシステム版
海外で発売されたセガマスターシステム版で、正式ライセンス版らしいです。グラフィックはキレイですが、サウンドや操作性はイマイチで必殺技も出しにくいです。ファミコンのハック物の方が遊べます。

 

MSX2版
MSX2用のハック版です。キャラの大きさが小さく、キャラクタ数やステージ数も少ないですが、動きや操作性は良く、必殺技もすべて再現されていて、なかなか楽しめます。

 

ゲームボーイ版
携帯ゲーム機のゲームボーイ版です。出来はハッキリ言ってイマイチです。動きがとても粗くてぎこちないです(初代ストIみたい)。ゲームボーイなら、もう少しイイ物ができたのでは?と思うのは私だけだろうか?

 

3DO版
「X」を移植。スーパーコンボ時の残像も問題なし!ただ本体付属の3ボタンパッドだとプレイしにくいので、6ボタン仕様のジョイスティックが欲しくなります(超レアアイテムなんだけど)。
完全移植しているように見えますが、サンダーホークの攻撃パターンがと同じグラフィックになっていたり等、細かく削られているそうです。

 

プレイステーション/サターン版
「カプコンジェネレーションvol5」に収録。「初代ストII」「ダッシュ」「ターボ」の3作品同時収録です!出来はさすが32BITマシンといった感じで完璧です(手抜き一切無し!)。特筆すべき点は、対戦モードで作品を越えた対戦ができる点です(例えば「ダッシュ版リュウ」対「初代ストII版ガイル」等)。また「スーパー」と「X」も「ストリートファイターコレクション」という名前で発売されています。これらの2本があれば完璧です!

 

ゲームボーイアドバンス版
「X」を移植。移植度はナカナカです。ただアドバンスは4ボタンなので、技を出すとき戸惑います。ビミョーに世界観がZEROとかぶっています。

 

プレイステーション2
名前は「ハイパーストリートファイターII」。ストリートファイターシリーズ生誕15周年を記念して作られました。ゲーム内容はストIIシリーズの集大成といった感じです。特徴は「初代ストII」「ダッシュ」「ターボ」「スーパー」「X」のすべてのキャラが使用できます(例えば「初代ストII版リュウ」対「X版キャミィ」等)。またストIIのアニメ映画も閲覧する事ができます。

 

NTT DoCoMo iアプリ版
ケータイ電話、NTT DoCoMo の FOMAのiアプリ専用版です。 携帯電話という事で気になる操作性ですが、必殺技はボタン1つで簡単に出せます(それだけに大味な戦いになってしまいますが)。 また、動きはとても粗くて悪いです(ゲームボーイ版をさらに粗くした感じです)。 グラフィックとサウンドがよく出来ているだけに残念。 

 

その他
ドリキャス版の「X」があるらしい。FM-TOWNSで「スーパー」があるらしい。DOS版の「X」がイギリスのGAMETEKという会社から発売されていたらしい。Sinclair Spectrumでも発売されていたらしい。ATARI STでも発売されていたらしい。 海外XBOX360のみのダウンロードタイトルで「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」というHD画質のスト2があるらしい。 またWindowsで「タイピングファイターII」というストIIをモチーフにしたタイピングソフトがあるらしい。

 


ストIIのお部屋

もどる

inserted by FC2 system