のお部屋

(C) TECMO 1984


スターフォースは、テーカン(現テクモ)から1984年に発売された縦スクロールシューティングゲームです。このゲームの発売当時、ゼビウス(ナムコ)が大ブレイクしており、ゲームメーカー各社から似たような縦スクロールシューティングゲームが次々と発売されていました。スターフォースがゼビウスと決定的に違う所は自機(ファイナルスター)の弾が地上物・空中物かまわず破壊できる点で、爽快感あふれるシューテングゲームでした。このゲーム隠しフィーチャーが多数隠されており、ゴーデスの謎も当時盛り上がりました(実際のクレオパトラゴーデスは、こじんまりしてましたけど)。ここではスターフォースの移植作を少し紹介します。


アーケード版
元祖アーケード版!超キレイなグラフィック!製作元のテーカンは、当時グラフィックではbPのメーカーで特に黄金の表現は素晴らしかった(スターフォース以外ではボムジャックや Au SENJYO も素晴らしかった)。また透明感あふれるBGMも素晴らしく、パワーアップ時(パーサーとの合体時)のBGMも良かったです。ゼビウスとは別の伝説を作ったゲームでした。

 

セガSG−1000版
最初のスターフォースの移植版です。ハードの特性上、1スプライトに1色という色数なので、アーケード版と比較すると見劣りしますが、サウンドや操作性は上出来です。あと容量の関係上、敵キャラの種類が少なくなっています。プレイ感覚はファミコンよりもアーケードに近いです。SG−1000のソフトの中では、かなり遊べる部類に入るソフトです。

 

ファミコン版
ハドソンから発売されたファミコン版です。操作感覚はアーケードよりも軽い感じで、連射がしやすく、敵キャラの動きも大きいです。隠しフィーチャはアーケードから多少変更されています。サウンドも良好で、通常はBGMにPSG3和音をフルに使い、効果音の時だけ2和音にするという処理をしています。初めてプレイしたのがファミコン版という人が多いのではないでしょうか?(私の友人も当時ファミコンのゼビウスが売り切れでコレを買いました)。高橋名人がブレイクした作品でもありファミコン初期の名作です。

 

MSX版
ファミコン版と同じくハドソンが製作しています。アーケードからの移植というよりファミコン版からの移植です。スクロールが粗く、連射がしづらいですが、操作感覚は良く、サウンドも良いです。このソフト、ビーカードと呼ばれるカード型のロムで発売されていました(PCエンジンのHuカードみたいなモノです)。

 

X68000版
電波新聞社から発売されたモノで、内容は完璧です。電源投入時のメモリチェックまで再現されています。マニアも納得の一本です。

  

 

スーパーファミコン版
「キャラバンシューティングコレクション」というソフトに収録されています。内容はファミコンの移植版(というよりエミュ)で、ほぼファミコン版と同じです。BGMが効果音を出しているときでも3和音を維持しています。

 

Windows版
内容は完璧!オプション設定で自動連射も設定できます。発売はメディアカイトでSUPER1500シリーズで発売されました(ちなみに某エミュのソースコードは流用していないようです(笑))

 

NTT Docomo iアプリ版
携帯電話用のスターフォースです。グラフィック・サウンドは文句ナシ。 特徴は最初からオート連射モードになっており、また通常モード以外にHPモードがあり、残機制ではなくダメージ制でゲームを行う事が出来るため、少々弾をくらっても画面左下のゲージが無くならない限りプレイできるモードになっています。

 

Wii版
任天堂Wii用のスターフォースです。ゲームの最限度は完璧。難易度設定は可能ですが、オリジナルのアーケード版よりも選択できる難易度の数が少ないです。オプション設定で自動連射があれば嬉しかったのですが自動連射機能は無いようです。


 

ニンテンドーDS版
任天堂DS用のスターフォースです。タイトルは「あれ?DSがサカサですけど。逆シューティング」となっています。ゲーム内容も普通のシューティングでは無く、DSを逆さに持って敵軍をタッチペンで操作して、主人公(ファイナルスター)を破壊するというゲームになっています。レベルが上がるとグラフィックがファイナルスターフォースになります。

 

 

続編・亜流・その他

海外アーケード版「MEGA FORCE」
アーケードの海外版で「メガフォース」という名前になっています。ゲーム内容は国内版と全く同じ!

 

海外ファミコン(NES)版
海外ファミコン版(NES版)です。国内版と同じ内容かと思いきや、BGM、グラフィック、敵のアルゴリズム、隠しフィーチャーまでアーケードに近くなっており、国内版とは異なる内容になっています。日本でも発売して欲しかった。

 

ファミコン・アーケード仕様ハック版
上記の海外ファミコン版をもとにグラフィックをよりアーケード版に近づけたハック版です。ゲーム内容は海外版とほぼ同じですが、気分はアーケードです!

 

ファミコン版「スターソルジャー」
スターフォースでブレイクした高橋名人を活躍させるために製作された?と思われる作品で、ハドソンのオリジナルのゲームです。ゲーム内容はスターフォースのパワーアップ版でとにかく連射!連射!連射!といった内容です。グラフィック・サウンドともファミコンにしてはキレイで楽しめます。移植版がMSX、iアプリ、Palm、ゲームボーイアドバンスで出ており、続編がPCエンジン、ニンテンドウ64、バーチャルボーイ、ゲームキューブなんかで出てます。

 

ファミコン版「スーパースターフォース」
テクモが製作したスターフォースの続編(外伝か?)。ゲーム内容は、ダンジョン探索アクション+シューティングという中途半端なゲームになってしまいました。肝心のシューティング部分も敵の動きやグラフィックがイマイチです。ファンとしては、シューティング一本で作って欲しかった。

 

Sinclair Specturn版「STAR FARCE」
海外のパソコン、Sinclair Specturn版のスターフォースもどきゲームです。ゲーム中に出現するワープホール?に入れば別ステージに移動できます。ちゃんとパーサーも出現します。

 

Commodore64版「STAR FORCE III」
海外のパソコン、Commodore64版のスターフォースもどきゲームです(名前はスターフォース3。「2」はどうした?)。 ゲーム内容はスターフォースと違い、当たり判定がある障害物あり。敵が単調。時機がダメージ制だったり。てな感じで、スターフォースというより頭脳戦艦ガルみたいな感じのゲームです。(情報提供「Miha Rinne」さん。Thanks!)

 

アーケード版「ファイナルスターフォース」
本家テクモが製作した最後のスターフォース!ゲーム内容は多種類のパワーアップ+ボムが使える縦シューといった感じで、東亜プラン系のシューティングになってしまいました。発売当時、ストUをはじめとする対戦格闘ブームだったので、知名度が低く、ひっそりと消えてしまいました。パワーアップが派手で爽快な、そこそこ遊べるシューティングでしたが。

 

その他
携帯電話のj-sky、ez-webであるらしい。またプレイステーション2のテクモヒットパレードに収録されているらしい。XBOXのテクモクラシックアーケードでも収録されているらしい。

 


スターフォースのお部屋

もどる

 

inserted by FC2 system